小さく軽量になったスマホジンバル「DJI OM 5」発売。延長ロッド内蔵で自動り棒的な使い方も

カラーはアテネグレーとサンセットホワイトの2色

DJIがスマートフォン用ジンバルの新モデル、OM 5を発表しました。価格は1万7930円ですでに販売中です。

OM5は、OM4と比べてよりコンパクトになったのが大きな特徴。重さも100g軽量化され、290gとなりました。また、あらたに延長ロッドを内蔵し、215mmまで伸ばすことが可能。自撮り棒的な使い方にも対応します。

また、新機能として、周辺環境を認識し、便利な撮影方法やテンプレートを提案するShotGuidesを搭載。

被写体をトラッキングするActiveTrackも4.0へとバージョンアップしました。認識機能や応答性の向上に加え、セルフィー撮影用に自動フェイストラッキング機能が追加されています。そのほか、マグネット式のスマホクランプなどは従来通り。

最近はスマートフォン自身の手振れ補正もだいぶ進化してきていますが、やはり専用のジンバルのほうが性能は上でしょう。今回は自撮り棒としても使えるので、1つあるとなにかと便利かもしれません。

Source: DJI

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。