Google、Apple 、Amazonらがスマートホームの業界標準を策定へ

既存の機器を切り捨てる方向にならないことも期待したい

照明にエアコン、テレビをはじめとした各種スマート家電が増えてきましたが、悩ましいのが接続規格。これはGoogleアシスタントで使えるけど、こちらはAlexa専用というだけではなく、これを使うには別途ハブが必要で、こちらとは互換が無くて……とある程度分かっている人にとっても把握すのが難しいのが実情です。

これではスマートホームは普及しづらいとメーカー側でも気が付いたのか、Google、Amazon、Apple、Zigbee Allianceが業界標準規格の策定を目指すワークグループConnected Home over IPを立ち上げました。

業界標準の接続規格を作ることで、消費者にはもちろん、いくつものバリエーションを作らずに済み、開発コストも削減できるというメリットが生まれます。

まだ始まったばかりの取り組みなので、この先のスケジュール等、見通しが不明なのですが、とりあえず、ハブやらゲートウェイやらは不要な仕組みなるのを期待したいところです。

(source Google)