CIO、USB付きの電源タップ「Polaris CUBE Built in Cable」発売

CIOが、持ち運びに便利なUSB付きの電源タップ「Polaris CUBE Built in Cable」を発売しました。価格は5980円。

Makuakeで先行販売されていた製品で、AC×2のほかに、USB-C×2、USB-Aを搭載。55cmの電源ケーブルは本体に巻き付けて収納が可能です。

USBの出力は、単ポート最大67W、トータル出力は最大65W。電源タップとしては最大1250Wに対応。ただし、USBも併用する場合は最大1125Wです。

出力の大きなUSB充電器のほうが便利な場面もありますが、かさ張るのでコンセントが空いていてもさせないなんてことも。そうしたシーンによく遭遇するという人は、電源ケーブルがあるPolaris CUBE Built in Cableのほうが使い勝手はいいでしょう。

これ1つを持ち歩けば、ACもUSBも使えるので、電源タップとUSB充電器を別々に持ち歩く必要もなく荷物を減らせそうです。

ガジェットなど好きなことをブログやWEBメディアなどに書いて生きています。ライター仕事は常に募集中

Dream Seedをフォローする
News
スポンサーリンク
Dream Seedをフォローする
タイトルとURLをコピーしました