Chromecast with Google TV発表。50ドルで日本でも提供予定

Google TVはGoogle Playムービーの後継サービスになる様子

Googleは10月1日、新しいエンターテイメント体験となるGoogle TVを発表。その対応デバイスとしてChromecast with Google TVを発表しました。

もっとも気になるのが、「従来のAndroid TVと何が違うのか?」ですが、正直なところ、よくわかりません。UIが変わったのは間違いありませんが、それ以外で出来ることに大きな差はないようです。

ただし、Android TVがTVデバイスで利用する物だったのに対し、Google TVはGoogle Playムービーの後継サービスという位置付けになるようで、モバイルデバイスでも利用可能になるとのことです。

肝心のChromecastのほうは、これまでの噂の通り縦長にしたChromecast Ultraのような形状で、4K HDRに対応。Dolby AudioのHDMIパススルーにも対応しています。

これまでとは違い、音声リモコンも付属しており、Googleアシスタントが使えるのはもちろんのこと、NetflixとYouTube専用のボタンも搭載します。また、電源投入や音量調整も可能になっており、テレビのリモコンと使い分ける必要がないのはうれしいところです。

カラーは白いSnowのほか、SunsetとSkyの3色展開。米国では49.99ドルでSnowの販売が開始されています。他の地域でも欧州を中心に10月15日に発売となりますが、日本での発売日は未定。ただし、発売予定はあるとのことです。

source: Google(1), (2), (3)

カテゴリ:モバイル