Chrome、恐竜付きQRコードでURLの共有が可能に

アップデートの配信が開始されたChrome 88で、QRコードによるURLの共有が可能となりました。

デスクトップ版とモバイル版の両方が利用可能。まずデスクトップ版ですが、アドレスバーをクリックするとQRコードのアイコンが表示されるので、それを選択するとQRコードが表示。スマートフォンなどで読み取ればそのサイトを開けるという仕様です。

モバイル版では、Androidはメニューから「共有 > QRコード」を選ぶとQRコードが表示されます。iOSではURL欄右横の共有アイコンを選択し、スクロールしてQRコーを作成を選ぶと同様にQRコードを表示可能です。QRコードは画像としてダウンロードも行えます。

ちなみに、デスクトップ版とAndroid版ではQRコードにお馴染みの恐竜が表示されますが、iOS版にはいませんでした。

▲Android版のQRコード

QRコードを使わなくても、同じアカウントでログインしているChrome同士であれば、「お使いのデバイスに送信」機能でURLの共有は可能ですが、自分のPCではない端末でURLの共有を行いたい、あるいは友達にURLを送りたいという場合に便利そうです。

PCで見ているURLをAndroidに送る方法。Chromeなら簡単、逆もOK
出先でスマートフォンを使って見ていたウェブサイトを、自宅に戻ってからデスクトップで見たい。あるいはその逆に、出がけにデスクトップで見ていたサイトをスマートフォンでも見たいということは良くあるのではと思います。 以前はPushbulletなど...

タイトルとURLをコピーしました