ドンキ、Celeronになった「ストイックPC3」を1万9800円で8月28日発売

いじり倒すのには面白そうな気はする

ドン・キホーテが、プライベートブランド「情熱価格」の新製品として、「MUGA ストイックPC3」を8月28日に発売します。価格は1万9800円(税抜)。

2018年12月に発売した「ストイックPC2」に続く第3弾で、ディスプレイが14.1型 1920×1080のIPS液晶なのに変わりはありません。ただ、これまでATOMだったCPUがCeleron N3350(Apollo Lake)に変更になりました。

50歩100歩な気もしますが、多少は使いやすくなるかもしれません。メモリは4GBで据え置きな物の、ストレージは64GB(eMMC)に増量。最大128GBのmicroSDも利用出来ます。

主な仕様としては、インターフェースはUSB 3.0 x 2、mini HDMI x 1、3.5mmジャック。無線は802.11 a/b/g/n/acでBluetooth 4.2。バッテリー容量は5000mAhで駆動時間は約9時間となっています。サイズは333 x 224 x 22mm、重さは約1.35Kg。

なお、キーボードも、従来は日本語配列ではあったもののEnterが小さめのANSI配列でしたが、今回はちゃんとJIS配列になっています。

正直なところ、仕事で使うにはギリギリアウトな気もするスペックですが、マルチタスクではなく、ビデオ会議用や書類作成用など用途を絞れば使えるのかもしれません。

source: PRTimes

カテゴリ:モバイル