カテゴリ:News

Buffalo、ドングルサイズの極小SSDを9月に発売

これのUSB-Cの版がほしいところ

𝕏

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

BuffaloがUSBポートに挿しっぱなしで運用できる極小ポータブルSSD「SSD-PSTU3-BAシリーズ(容量:250GB、500GB)」を9月上旬に発売します。1TBも近日中に発売予定。価格は、250GBが6600円、500GBが1万円。

飛び出し部が約17mm、重さ4.5gというドングルサイズの小型SSDで、Buffalo史上最小・最軽量だとしています。ケーブルやACアダプタが不要なので、ゲーム機やノートPCなどにも挿しっぱなしで持ち運ぶことができそうです。

テレビ録画にも対応するとのことで、壁掛けの薄型テレビなどとも相性は良さそうです。

小型ながら、転送速度をコントロールすることで発熱を抑える特許技術を搭載。MIL-STD-810H 516.8 procedure IVに準拠する耐衝撃性も備えています。

性能的には、Readは600MB/s以上、Writeは500MB/s以上。Windows用高速ファイルコピーアプリ「CopyBooster(コピーブースター)」を利用することで、データ転送の最適化を図り、書き込み時間をさらに短縮することができるとしています。

Source: Buffalo