ボッシュが次世代スマートグラス向けシステムを開発。CESで初公開

この手のスマートグラスが増えてきそうです

ボッシュ・センサーテックが、スマートグラス向けのオプティカルLight Driveシステムを開発、2020年1月に開催されるCES2020において初公開すると発表しました。

ボッシュが開発したのはスマートグラスそのものではなく、スマートグラスに採用する中枢システム。これを組み込むことでスマートグラスを開発できるというものです。

ツルの部分に搭載することになる Light Driveシステムは、レンズで反射させた光線を網膜に直接投影する方式で、直射日光下でも鮮明な画像を得られるとのこと。

同様のものはNorthがFocalで採用していますが、そのFocalも次世代モデルを2020年に発売するとして、現在は販売停止中。ボッシュのモジュールと関係があるのでしょうか?

なお、性能としては、ペアリングしたスマートフォンから、ほぼすべてのデータを表示可能とのこと。また度付きレンズにも対応するとのことで、日常的にメガネを利用しているユーザーにも安心です。

残念ながら、大手メーカーへの販売は2021年の予定とのことなので、ユーザーの手に渡るのは1年以上先になってしまいそうですが、今後、この手のスマートグラスが増えてきそうな気配です。

(source PRTimes)