Bodygramが体脂肪率の計測に対応。服を着たままスマホで撮影するだけ

これが使えるなら、Amazon Haloのサブスクはキャンセルしてもいいかも

Bodygram Japanは6月7日、服を着たまま写真を2枚撮影するだけでウエストやバストなど、体の各部を採寸してくれる無料アプリBodygramをアップデートし、体脂肪や骨格筋量の計測にも対応したと発表しました。

Bodygram
開発元:Bodygram Inc.
無料
posted withアプリーチ

服を着たまま正面と右側面(左向き)の写真を撮影するだけのお手軽採寸ですが、計測されたデータと実際にメジャーで測った結果を比べると、意外と正確。ただ、ウエストとヒップは、アプリの結果が+3~4cmとなっていました。この辺りは着ている服の影響が大きいのかもしれません。

また、体脂肪率については、アプリの結果は25.6%。ちなみにMiの体組成計での結果は26.2%、同じく写真を撮影して体脂肪を計測するAmazon Haloの結果が19.7%でした。

どれが正しいのかは定かではありませんが、個人的にはAmazon Haloを信じたいところ。服を脱いで4枚撮影しますし……。

▲左:Bodygram、右:Amazon Halo

家庭用の体組成計の体脂肪率が信用できないのは有名な話ではありますが、映像を利用して手軽には計測できるのはありがたいところです。もっとも、正確な値は何なのか、一度ちゃんと計測しないと有効なのかどうかも判断できませんけど。

Source: TechCrunch

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。