ゲーミングスマホBlackShark 4/4 Pro中国で発表。144Hz駆動に120W充電対応

ショルダーボタンは物理式。ProはRAID対応というハイスペックぶり

BlackSharkは3月23日、新ゲーミングスマートフォンBlackShark 4およびBlackShark 4 Proを中国で発表しました。中国では3月26日に発売となります。

外観はどちらも同じで、ディスプレイは6.67インチAMOLED。解像度は2400×1080です。リフレッシュレートは最大144Hz、マルチでのタッチサンプリングレートは720Hzと非常に高く、タッチ応答速度も8.3msと高速でゲームに最適だとしています。

SoCは、無印BlackShark 4がSnapdragon 870、ProはSnapdragon 888。RAMは無印が6/8/12GB(LPDDR5 5500MHz)、Proが8/12/16GB(LPDDR5 6400MHz)。

ストレージは、無印が128GB/256GB、Proが256GB/512GBなのですが、ProのほうはUFS3.1とSSDでRAID構成になっており、読み取りが55%、書き込みが69%向上しているとのこと。なお、このRAID構成は業界初だとしています。

そして、ゲーミングスマートフォンといえば、冷却には各社とも力を入れているところですが、BlackShark 4では、新世代のサンドイッチ液体冷却システムを搭載。メインボードの両面に液体冷却ユニットを搭載することで、放熱能力が30%向上。CPU温度が18度も低下するとしています。

背面カメラはどちらも3眼ですが、仕様が若干異なっており、無印が48MP + 8MP(広角) + 5MP(マクロ)、Proが64MP + 8MP(広角) + 5MP(マクロ)です。フロントカメラはどちらも20MPなものの、ProはHDR10での動画撮影にも対応します。

そのほか、ゲーミングスマートフォンらしく、ショルダーボタンには当然対応。ショルダーボタンはタッチ式を採用されることが多いですが、BlackSharkは物理(メカニカル)ボタンとなっています。

バッテリー容量はどちらも4500mAhで120Wの超高速充電に対応。ただ充電速度に若干の差があり、Proは15分未満で100%、無印は17分未満で100%となっています。

そのほか、主な仕様は下表のようになっています。

仕様BlackShark 4 ProBlackShark 4
ディスプレイ6.67インチ6.67インチ
解像度2400 x 10802400 x 1080
SoCSnapdragon 888Snapdragon 870
RAM8GB/12GB/16GB
LPDDR5 6400MHz
6GB/8GB/12GB
LPDDR5 5500MHz
ストレージ256GB/512GB
UFS3.1+SSD
128GB/256GB
UFS3.1
背面カメラ64MP+8MP+2MP48MP+8MP+2MP
正面カメラ20MP(HDR10対応)20MP
バッテリー4500mAh4500mAh
サイズ163.83 x 76.35 x 9.9mm163.83 x 76.35 x 9.9mm
重さ220g210g
WiFiIEEE802.11 a/b/g/n/ac/axIEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth5.25.2
価格8GB+256GB : 約6万7000円
12GB+256GB : 約7万5000円
16GB+512GB : 約8万8000円
6GB+128GB : 約4万2000円
8GB+128GB : 約4万5000円
12GB+128GB : 約5万円
12GB+256GB : 約5万5000円

ゲーミングスマートフォンとしては、先日発表されたRedMagic 6よりもやや高価。その分、仕様はこちらのほうが若干上な印象です。

なお、4月にはグローバル発表も予定されており、日本での発売も期待したいところです。

Source: BlackShark(1),(2)

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。