スマホ用クーラー「Black Shark Magnetic Cooler」レビュー。予想以上によく冷えました【PR】

iPhone以外だと鉄板葉を貼り付けることになるのでワイヤレス充電は不可に。端末によってはFeliCaも制限されるかも

中国Zbankから、ゲーミングスマートフォンBlackSharkブランドのスマートフォン用クーラーを提供いただきました。クリップで挟み込む形のスマホクーラーは多いですが、これはマグネット式。装着時に側面の電源ボタンやボリュームを押してしまうことがないのがメリットです。

AliExpressで45.52ドル。日本ではAmazonでの取り扱いがありませんでしたが、ビーラボの公式ストア(Glimpse )楽天で販売中です。

ものとしてはシンプルで、見た目はただのファンのみ。サイズは直径62mmで厚みが22mmほど。

背面中央部がペルチェ部分。その周囲がマグネットになっています。通電するとペルチェ素子で接触面の熱を奪い、ファンで奪った熱を放熱する仕組みです。

MagSafeと互換があるようで、iPhone 12シリーズならそのまま利用可能。

他のスマートフォンでも使えるよう、両面テープで貼りつける鉄板もセットになっています。

▲付属品はUSB-Cケーブルに鉄板、鉄板をそのままスマホに貼り付けた際、キズが付くのを防止する保護シート

ちなみに、Pixel 5はかろうじでそのまま貼り付きます。あまり強度はないので、激しく動くと外れてしまいますが。

やはり、iPhoen 12シリーズ以外では、付属の鉄板を利用して貼り付けるのが無難です。ただし、これを貼るとワイヤレス充電は使えなくなります。また、FeliCaのアンテナ位置によってはおサイフケータイも使えなくなるので注意が必要です。

スイッチなどはなく、USB-Cポートが1つあるのみで、電源を接続するとファンが回り始めます。つまり、利用中は常にケーブル接続が必要です。

ということで、実際に効果があるのかどうか試してみました。効果の測定方法はいくつかあると思いますが、とりあえずAnTuTuベンチマークを実行し、クーラーを使った場合と使わない場合の温度変化を確認してみました。

結果、使わない場合は3.3℃上昇。使った場合は、3.8℃減少となりました。温度上昇が緩やかにはなるだろうと思っていましたが、下がったのは少々驚きです。ベンチマークのスコア自体もクーラーを使ったほうが伸びています。

▲クーラー未使用時(左)と使用時(右)

これなら、ゲームだけではなく発熱の大きな4K動画撮影でも安定して撮れるようになるのでは、と思ったのですが、ファンの音が入ってしまいダメでした。おとなしくゲーム時だけにしたほうが無難なようです。

利用中、ずっとケーブル接続が必要というのが難点ですが、ゲーム中に発熱して困っているというなら、利用する価値はありそうです。もちろん、マグネット式なので、Nitendo Switchなどでも利用できます。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。