ゲーミングスマホBlack Shark 2が日本で発売。元FREETEL増田社長の新会社が取り扱い

発売日が分からない

元Freetelの増田社長が立ち上げた新会社TAKUMI JAPANが、中国Xiaomiの関連会社Black SharkのゲーミングスマートフォンBlack Shark 2の取り扱いを発表しました。価格は10万7870円(税込)。すでに先行予約販売が開始されていますが、発売時期は不明です。

Black Shark 2は、中国で3月末に発売されたゲーミングスマホ。「2」とありますが、Black Sharkとしては、初代Black Shark、Black Shark Heloに続く、第3世代モデルです。

ディスプレイは6.39インチのAMOLEDで感圧操作にも対応。画面を左右に分け、それぞれ1か所ずつ感圧ボタンとして設定可能。右の指でエイムしつつ、押し込むと射撃といった操作が行えます。

SoCはSnapdragon 855。RAM 12GB、ストレージ256GB。バッテリー容量は4000mAh。指紋センサは画面内蔵です。

背面カメラは48MP+12MPのデュアル仕様。フロントは20MP。

ネットワークの対応バンドは下記の通り。

  • FDD LTE (B1,B2,B3,B4,B5,B7,B8,B19,B20,B28)
  • TDD LTE (B34,B38,B39,B40,B41)
  • TD -SCDMA (B34,B39)
  • WCDMA(B1,B2,B5,B6,B8)
  • GSM (B2,B3,B5,B8)

TAKUMI JAPANが展開するブランドKAZUNAの公式ショップで先行予約販売を受け付けており、先着3000名には、専用コントローラーとボディケース(総額1万5000円相当)をプレゼントするとのことです。

(source KAZUNA)

back to top