BenQ、Androidを搭載したビジネス向けスマートプロジェクター「Eシリーズ」3機種を発表

Google Playは非対応

ベンキュージャパンは11月12日、ビジネス向けプロジェクターとしては日本発となるAndroid搭載のスマートプロジェクター 「EH600」「EW600」「EW800ST」を発表しました。いずれも11月22日より発売されます。

▲ベンキュージャパンの菊池社長(左)とベンキューアジアパシフィックのJeffrey Liang社長

Android搭載のプロジェクター自体はさほど珍しくはなく、BenQ自身もAndroid TVを搭載したモバイルプロジェクターGV1を発売しています。

これに対して、ビジネス向けのEシリーズは、エンターテイメントではなく、あくまでも便利に使えることに主眼が置かれています。

その利便性としては、PC不要で内蔵ストレージやUSBストレージから写真や動画、Officeファイルなどの投影が可能。Wi-Fi、Bluetoothに対応しており、ChromecastやAirPlayでの投影も行えます。

▲プロジェクターには珍しく、D-Sub”出力”も用意されています

付属のリモコンもありますが、専用アプリをインストールすれば、スマートフォンをリモコンとして利用可能。また、キーボードやマウスを接続しての操作にも対応しています。

搭載するAndroidは6.0と古く、またGoogle Playにも非対応。ただし、APKのインストールは可能なほか、BenQのおすすめアプリという形でアプリの提供も行われます。デモ機には、FirefoxやYouTubeが用意されていました。

3機種の仕様をざっくり比較すると下記のような感じです。

仕様EH600EW600EW800ST
解像度FHD 1920×1080WXGA 1280×800WXGA 1280×800
輝度3500ルーメン3600ルーメン3300ルーメン
コントラスト比10,000:120,000:120,000:1
投写比1.49~1.641.55~1.70.49
投影サイズ70~150インチ60~180インチ70~120インチ
投写距離約2.64m@80インチ約2.67m@80インチ約0.85m@80インチ
重量約2.5Kg約2.5Kg約2.6Kg
参考価格7万9800円10万8000円11万8000円

EW800STのみスローレシオ(投写比)0.49と単焦点になっているのが特徴です。

BenQのプロジェクターは、2009年から10年間、コンシューマー市場では世界シェアNo.1を獲得。2019年第2四半期の4Kプロジェクターシェアでは32%。第1~第3四半期の日本でのシェアは実に56%を誇ります。

今後は、B2B分野にも今まで以上に力を入れていくとしており、ビジネス向けプロジェクターのほか、ワイヤレスプレゼンテーションソリューションのWDC20や、電子黒板的なインタラクティブフラットパネルVAシリーズもアピールしていました。

(source BenQ)

back to top