2016.2.23

Epson、既存モデルよりも20%軽量化したヘッドマウントディスプレイMOVERIOの新型 BT-300を発表

スクリーンショット_022316_051941_AM

Epsonがスペインで開催中もMWCにおいて、同社のヘッドマウントディスプレイの最新機種となるMOVERIO BT-300を発表しました。最近流行りの仮想現実(VR)ではなく、現実の視界の中の情報を重ねる拡張現実(AR)ディスプレイです。

BT-200から20%の軽量化

先代BT-200から20%軽量になり、デザインがだいぶすっきりしましたね。ディスプレイの解像度は960×540から1280×720にアップ。色の再現度もBT-200よりもアップしているということです。

1456139125-2261911-960x1752-key-features2

このディスプレイ部分の性能アップの主な理由はSi-OLEDの採用にあります。

現行モデルのBT-200は以前よりも軽くなったとはいえまだまだ重く、メガネの上から装着するにはつらかったですが、その点はBT-300はかなり期待が持てそうですね。

EPSONのシースルー両眼型ヘッドマウントディスプレイ、MOVERIOの体験イベントに参加してきました

コントローラ本体はAndroid 5.1ですが、Google Play Storeに対応するのかが気になるところ(BT-200は非対応)。

今年後半に発売予定

発売は今年後半ということですが、すでにPre-Orderが開始されていたります。価格は$799となっていますが、これはあくまでも予価。ただこれより高くなることはないみたいです。

これはなかなかいいんじゃないでしょうか。VRヘッドセットのような没入感はないでしょうが、現実世界(視界)との接点を保ちつつ、必要な情報が目の前に見えるというのはVR分野よりも用途が広そうです。

(via engadget)
(source epson)

タグ: , ,

back to top