2016.2.14

鍵を無くしたので遺失物届を提出 ついでに電子ロックについて考える

P2140230_021416_115224_AM

娘さん、鍵をなくす

娘さんが金曜日に外で遊んでいるときに家の鍵を無くした、というのを昨日の夜に告白してきたので昼前に交番に遺失物届を出してきました。

いつもはランドセルにつけっぱなしなのですが、金曜日は娘さんが学校から帰ってきてから遊びにいくときに、途中、次男さんを保育園に迎えに行かなければいけないタイミングがあったので鍵を持たせていたのでした。それが失敗だったのかなぁ。

で、鍵ですが届いていればラッキーぐらいに思っていたもののやっぱりなく、その場の流れで遺失物届を書いて出してきました。近所の交番で書いたのですが、受理番号は本署で一括管理なのですね。お巡りさんが電話をして番号を申請していました。結構アナログ。データベース化してタブレットでその場で発行とか、もう少し改善点はあるように思います。

ところで、もらった控えの裏側に各所への問い合わせ先一覧が乗っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

警察に届けた後にこの番号を知ってもあまり意味はない気がしないこともないのですが、これは便利ですね。これだけカードサイズにして配ってくれたらうれしいかも。

せっかくなので電子ロックを検討してみる

以前にも長男さんが学校で鍵を無くす(その後に発見されました)ということがあったので、ここはいろいろと種類が増えてきた電子ロックでも検討しようと思っています。

スマートフォンを使ってBluetoothやNFCで自動開錠というのが最近の流行りのようですが、鍵を無くす子供さんのことなのでスマートフォンやICカードを持たせても同じことになるのは目に見えています。

それなら暗証番号のものはどうかというと、確実にいろんな人にしゃべりそうな気がするので気が気ではありません。消去法でいくと指紋認証なのだけど、屋外で使えるものが少ないのと、精度に心配があります。

う~ん、こうやって考えていくとまだ選択肢は少ないですね。

現実的なところでは、よく言い聞かせて暗証番号かなぁ。スマートフォンのアプリから使うタイプではないけど、オサイフケータイにも対応しているAEGIS GATE AG-01というのが良さそうな感じです。

でもこういうのって、シリンダーキーを2個使ってる場合はどうすればいいのだろう?

タグ: , ,

back to top