VAIO、5.5インチでアルミ削り出し筐体なWindows 10 Mobile端末、VAIO Phone Bizを発表

img_cw3_main

VAIO株式会社がWindows 10 Mobileを採用したスマートフォン、VAIO Phone Bizを発表しました。VAIO Phoneは昨年日本通信からもリリースされていましたが、それとは別物です。名前が紛らわしいけども。

筐体はアルミ削り出しで同社のノートPC、VAIO Z Canvasをイメージしているとのこと。

ディスプレイは5.5インチでプロセッサはSnapdragon 617。RAMは国内のWindows 10 Mobileでは最大の3GBを搭載します。

その他、主なスペックは下記。

  • ディスプレイ:5.5インチ 1920 x 1080
  • プロセッサ:Snapdragon 617
  • RAM:3GB
  • ストレージ:16GB + microSD
  • カメラ:13MP/5MP
  • バッテリ:2800mAh
  • サイズ: 156.1 x 77.0 x 8.3 mm
  • 重さ:167g

Snapdragon 617ということで、Continuumにも対応します。

4月に発売予定で価格は5万円台になるとのこと。

先日から発売されているNuAns NEOと近いものがありますが、RAM3GBがどの程度動作に影響するのかが気になるところです。

それにしてもWindows 10 Mobile増えてきましたね。正直なところ、AndroidやiOSと比べるとまだまだ使いづらいというのが本音なのですが、Office系アプリとの相性はいいと思うので、今回のターゲットでもある法人向けにはあってるのかもしれません。PCがいらなくなる、なんてことはないと思いますけど。

せめて5インチだったら手を出したかもしれないけど、5.5インチは大きいのよなぁ。

(source VAIO)

タグ: ,

back to top