2016.1.15 (更新日:2017.08.10)

[WordPress]記事中に書いたAdsenseのコードを一括で削除する方法

wordpress

先日、「明日やります」に記事本文にAdsenseのコードを貼りつけていたので、その削除が大変だったという記事がありました。

【大失敗】ブログ本文中にAdsenseコードを打って広告表示してはいけない #blog_mistake

記事数が少なければ修正も大した手間ではないのですが、1000記事を超えるとなるとなかなか大変ですね。

そんなわけで、一記事ずつ修正する以外にどんな方法があるのか、ですが、Pluginを使って一括削除してしまうのが手っ取り早くていいのではないかと思います。

使うPluginは「Search Regex」。

Search Regex

インストールすると、「ツール」の下に「Search Regex」という項目が追加されます。

regex

細かな使い方は割愛しますが、記事中のAdsenseのコードを削除するだけであれば、「source」で「post content」を指定し、「Regex」のチェックを入れて、Search patternに

/<ins class="adsbygoogle"(\n|.)*?<\/ins>/

と書いて「Search」を押すと下に検索結果が表示されます。

もし

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/~(中略)~
adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

ごと記事に書いているのであれば、

/<script (\n|.)*?pagead2(\n|.)*?push(\n|.)*?<\/script>/

という感じです。

regex2

検索結果はこんな具合。

意図したとおりの検索結果になっていれば、「Replace」を押します。これを押しただけではまだ置換はされないので安心してください。

regex3

いまは「Replace pattern」が空欄なので「Replace」を押すと先ほどの検索結果の下に、該当部分が[delete]と表示されるはずです。

意図したとおりになっていれば、「Replace & Save」で一括置換(コードの削除)が行われます。

コードをヒットさせる正規表現だけ書ければ、比較的簡単に削除は行えますね。

注意事項としては、この操作はデータベースを直接操作するので、作業前にデータベースのバックアップを取っておいた方が無難です。

タグ: ,

back to top