Huawei、感圧タッチスクリーンを搭載したMate 8を11月にリリース?

mate8

日本でも発売中のHuawei Mate 7。その後継となるMate 8の噂は以前から伝えられていますが、いまだ正式発表には至っていません。

そんなMate 8が11月~12月にクリスマス商戦に合わせて発表されるという噂が出てきました。

スペックとしては、同社のSocであるKirin 950を搭載。2.4GHzのオクタコアでRAMは4GBと3GBの2つのバージョンが用意されるということです。

また、iPhone 6s/6s Plusに搭載された3Dタッチのような感圧タッチパネルを搭載するとも伝えられています。

HuaweiはMate Sの128GB版ですでにこの感圧パネルを搭載しており(発表自体はiPhoneよりも早かった)、今後もハイエンドモデルには搭載していくんでしょうね。

価格としては3299元(約62,000円)~3899元(73,000円)になるようです。

日本でもリリースしてくれると思うけど、年内に出るかな?

それにしても3Dタッチのような「pressure sensitive touchscreens」ってなんて訳せばいいんでしょうか。感圧タッチパネルだと一昔前のタッチパネルみたいだし。

(via GizChina)
(source MyDrive)

タグ: , , ,

back to top