Apple、iPhone 6s/6s PlusのA9チップに2種類あることを認める バッテリ寿命の差は2~3%

sXbFrlLnyFOnrobR

最近まことしやかにささやかれていた、というかほぼ確定していたiPhone 6s/6s PlusのA9チップには2種類あるという問題ですが、Appleが公式に2種類あることを認めました。

その上で、チップの違いによるバッテリ寿命の差は2~3%に過ぎないとしています。

iPhone 6s/6s Plusに搭載されているA9チップはSamsung製のものとTSMC製の2種類が確認されており、ユーザによるベンチマークテストでは、TSMC製のもののほうがバッテリ寿命が長いという傾向がでていました。

ただこの常にCPUをフル回転させてバッテリを消費させるベンチマーク方法については、Appleは現実的な使い方での測定ではないとしています。

実際に性能差が2~3%しかないとしても、ユーザにしてみれば自分で選択できずに劣った性能のものを購入させられたと感じる人が出てきても不思議はありません。

この件でAppleがなんらかの対応をするとは思えませんが、これから購入する人で気になる人は、事前に確認させてもらうといいかも(させてもらえるのかはわからないけど)。

なお確認方法ですが、App Storeから「Battery Memory System Status Monitor」というアプリをインストールし、「system」ボタンからModel名を確認します。

iPhone 6sであれば、N71APがSamsung製、N71mAPがTSMC製ということです。

私がオンラインで購入したSimフリー版のiPhone 6s(64GB スペースグレイ)はTSMC製でした。

(画像 iFixit)
(via PhoneArena)
(source macrumors)

タグ: , , ,

back to top