16個のレンズを搭載したAndroid搭載の多機能カメラ Light L16発表

product_01_hero

あとから焦点距離を変えられるカメラ、というのが一時期流行りましたが、その最新型とでもいうべきカメラが発表されました。

Light L16はその名の通り、16個のレンズを持ったカメラです。

レンズの内訳は、35mmが5個、70mmが5個、150mmが6個。この16個のレンズを使うことで最大52M pixelという写真を撮影したり、35㎜-150mmの光学ズームを実現したり、低照度での撮影に強かったり、あとから焦点を変更できたりと様々なメリットが生まれているようです。

本体はAndroidで動いており、WiFi接続で自前で写真をシェアしたり、PCにワイヤレス転送したりといったことが可能。残念ながらSIMは挿さらないようです。

発売は2016年の夏。価格は$1,699とうっかりするとそれなりのデジイチが買えるんじゃないかという値段ですが、今月中に予約すると$400割引の$1,299になります。

いろいろなカメラが出てきますが、最近はスマートフォンのカメラでおおむね満足しているので、この値段を出してまでは買えないかなぁ。

(via Android Authority)
(source Light)

タグ: ,

back to top