Google自身が製造を手掛けるAndroidタブレット、Pixel C発表

hero-image_2x

以前に噂のあったGoogleのAndroidタブレット、Pixel Cが正式発表されました。

Googleの次期AndroidタブレットはNexusではなくPixel Cという名称に?

Google謹製タブレットではありますがNexusシリーズではなく、高級ChromebookのPixelと同じシリーズになりました。これは、Nexusが他のメーカで製造しているのに対して、今回のタブレットを含め、PixelシリーズはGoogle自身が製造を手掛けているためみたいです。

要するに他社が製造するとNexusで、Googleが作るとPixelになるということかな?

そんなPixel Cのスペックとしては、

  • ディスプレイ:10.2インチ 2560 x 1800
  • プロセッサ:NVIDIA Tegra X1
  • RAM:3GB
  • ストレージ:32/64GB
  • USB-C

という感じ。

32GBが$499、64Gbが$599でホリデーシーズンに合わせて発売されるとのこと。そして残念ながらキーボードは別売りで、$149になるようです。

おそらくChromebookのPixelと同様に米国内でのみの販売になるんじゃないかと思いますが、だとすると代わりになるNexusタブレットは出さないのかな?

そして、Nexusもそうですが、完全にmicroUSBからUSB-Cに切り替えてきましたね。周辺機器も増えてきてるし、うちもそろそろ準備しとかないとなぁ。

(via Android Police)
(source Google)

タグ: , ,

back to top