2015.7.1

Kantarが5月までの3ヶ月の各国スマートフォンシェアを発表 米国ではSamsungがAppleを抜き販売トップに

kantar

Kantarが2015年3月~5月の各国スマートフォンシェアの調査結果を発表しました。

kantar

2月~4月の3ヶ月では、米国ではAppleを抜いてSamsungが最も売れたメーカーだったということです。

端末で見ると、5月までの3ヶ月間ではiPhone 6がトップセールスだったものの、iPhone 6 Plusは5位に留まりました。

対して、Galaxy 5、Galaxy 6がそれぞれ2位と3位になり、トータルではSamsungのほうが上だったようです。

欧州では全体的にAndroidが強いのは相変わらずですが、iOSがややポイントを伸ばしています。

そして不思議とWindows Phoneが強いイタリアでは、またiOSとのシェア逆転が起きていますね。

中国ではAppleとXiaomiの2強だったのが、Xiaomiが3位に転落しHuaweiが2位に入る3強体制になったようです。

Huaweiは最近勢いがありますね。

日本ではiOSが若干ポイントを落としましたが、感覚的にはまだ過半数がiOSかなという気がします。

セカンド端末としてのSIMフリー機がカウントされてるのかな?

そして「その他」2.7%ってなんだろう?

(Source kantar)

タグ: , , ,

back to top