2015.5.25

Googleのスマートトイの特許が冷静に考えるとちょっと怖い

_83163261_5cf7f3bc-a04a-40cc-b89f-66b4765fa03a

Googleが3年前に出願した、ネットに接続され、家電などをコントロールできるハブ機能をもったおもちゃの特許が公開されています。

広告

テディベアはともかくとして、ウサギのぬいぐるみの絵がなかなかに不気味です。

_83163264_5745a993-ae37-427b-9da8-4ed3fedf795b

このぬいぐるみ、カメラやマイクを持っており、音声コマンドにより家電の電源を入れたりといったことが可能。最近流行りのスマートホームのハブとして機能します。

これだけだと大した話ではないのですが、このぬいぐるみ、モータも内蔵しており、コマンドを聞くときに耳を傾けたり、命令した人の顔を見たりといった動きをするとのこと。

夜中に話しかけたら、こちらを振り向くテディベアとか、トラウマレベルで怖い気がするなぁ。

顔を向けたりはしてくれませんが、先日購入した米Amazonのechoも音声でのスマートホームのコントロール機能を備えています。音声コントロールは今後の主流になったりするのかな?

Dream Seed » 米Amazonの音声コマンド対応Bluetoothスピーカ Amazon Echoがやってきた

これに組み込まれるのかどうかはわかりませんが、Googleはモノのインターネット(IoT)向けのAndroid、Brilloを開発しているという話もあります。

Dream Seed » Googleが組み込み向けのAndroid「Brillo」を開発中という噂

スマートホームとか、まだまだ未来の話だと思っていたのですが、数年後にはアイアンマンに登場するジャービスのように、会話で家中の家電をコントロールできる時代が来たりするんですかね。

(via The Next Web, BBC)
(source USPTO)

タグ: , ,

back to top