MOVERIOで快適に視聴するために、付属のメガネフレームにレンズを入れてみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

EPSONさんから6ヶ月モニタでお借りしているヘッドマウントディスプレイ、MOVERIOですが、「ディスプレイが数m先に見える」ように設定されているため、近視の人は裸眼では焦点があいません。

なので、メガネを使っている場合には、上の写真のように鼻パッドを水平にしてメガネのフレームに乗せるようにして装着します。

先日の山形出張の際、この状態で飛行機の中で使っていたのですが……やっぱり重いです。MOVERIOの重さがメガネに全てかかり、それをメガネの鼻パッドで支えるという状態のため、鼻パッド部分が痛くなってきます。

できるだけ上を向いたり、ベッドで仰向けになっていれば大丈夫なのですが……。裸眼の人が羨ましい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

だがしかし。MOVERIOにはこんなメガネフレームが付属品として付いています。このフレームに眼鏡屋さんでレンズを入れてもらいMOVERIOに装着すれば、メガネがない状態でも使えるようになるわけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなわけで、さっそくJINSに行ってレンズを入れてもらいました。

他社フレームのレンズ交換扱いで税込み5,400円。

JINSの人もこういう依頼は初めてらしく、「対応できるかどうか確認してみます」 → 「大丈夫そうです」 → 「これどっちがフロントですか?」というようなやりとりがありました。EPSONのほうで、「眼鏡屋さんへ」みたいな依頼書を用意してくれるとありがたいかも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早速装着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メガネフレームは鼻パッドに差し込んで固定します。固定はかなりしっかりしており、グラツイたりはしません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下からみるとこんな感じ。

さっそくこれで使ってみましたが、メガネの上から装着するよりもフィット感はいいですね。鼻パッドが大きいので重さも分散している感じです。

いちいちメガネを外す必要はありますが、快適な視聴には替えられません。メガネをしてMOVERIOを使う場合には、メガネフレームを装着するのがオススメです。

EPSONとJINSで提携してJINSのクーポンとかくれるといいんだけどね。

epson_300x100

タグ: , , ,

back to top