OLYMPUS、Sonyのレンズスタイルカメラ風なオープンプラッフォームカメラ OLYMPUS AIR A01を発表

A01

OLYMPUSがSonyのレンズスタイルカメラのようにスマートフォンと組み合わせて使うことを前提とした「オープンプラットフォームカメラ OLYMPUS AIR A01」を発表しました。

昨年末にプロトタイプを公開していたものですね。市販するかは不明ということでしたが、晴れて市販の道を歩むことになったようです。

Olympus、Sonyのレンズスタイルカメラ風なOpen Platform Cameraのテスターを募集中 – Dream Seed

マウントはマイクロ・フォーサーズ規格でレンズの交換が可能。ディスプレイがなく、スマートフォンとWiFiで接続するのもレンズスタイルカメラと同様です。

そして、最大の特徴はなんといっても「オープンプラットフォームカメラ」を名乗っていること。これはOLYMPUSが昨年から提唱しているもので、OPC(Open Platform Camera) Hack & Make Projectを通じて、SDKやアクセサリマウント部の3Dデータ等を公開、アプリやアクセサリを自由に作ってもらおうという試みです。

発売は3月6日。ボディ単体が33,800円、14-42mm EZ レンズキットが49,800円。

index_img_02

公式サイトで注文すると先着1000名にオリジナルモレスキンが貰えるキャンペーンも実施しています。

(source OLYMPUS)

タグ: , , ,

back to top