2015.1.11 (更新日:2016.06.12)

BlackBerry ClassicにGoogle Playをインストールしてみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

BlackBerry Classicに非公式なGoogle Playをインストールしてみました。

広告

Android向けアプリがGoogle Playからインストール可能に

インストール自体は問題なく完了。

Google Playの立ちあげ時に少しもっさりした感じがありますが、立ち上がってしまえば問題はなさそうです。

早速幾つかのアプリをGoogle Playからインストールして、動作を確認してみました。

Chromeブラウザ

まずChromeブラウザ。
インストール、動作ともに可能でした。
表示も標準ブラウザに比べるとフォントが綺麗です。

ただ、少し遅いかなぁ。
実用には耐えられそうですが、特にこだわりがなければ標準ブラウザでもいい気がします。

bbc1

Twitter

次にTwitter。
こちらもAndroid版が利用可能です。
Chromeと違い、Android版でも元からインストールされているTwitterクライアントとほとんど遜色なく動きます。
あとは見た目の好みの問題でもありますが、私はAndroid版を使うかな。

bbc2 2

Gmail

そしてGmail。
これはインストールは可能でしたが、Google Play開発者サービスが必要というメッセージがでて、Google Playから開発者サービスをインストールしようとします。

IMG_20150110_225124

ただ、これがインストール出来ず、インストールしないとアカウントとの同期も出来ない状況で、結局利用することが出来ませんでした。

もっとも、Gmail自体はBlackBerryにアカウントを追加して利用できるため問題にはなりませんが。

この開発者サービスが邪魔して起動できない問題は、がんばると解決できそうなこともCrackberryに書いてありました。

ただそこまでするのも面倒なので、いまのところ未検証です。

Googleカレンダー

GoogleカレンダーはAndroid版のアプリはインストール可能ですが、WEBと同期が取れないのでそもそも利用する意味がありません。
ただカレンダー自体はBlackBerryの標準アプリと同期可能です。

IMG_20150111_000216

ただし、昨年末辺りからGoogleカレンダーに加わったGoogle+でフォローしている人の誕生日表示が非表示にできないので、実用には耐えません。
これはなんとかしたいんだよなぁ。

まとめ

そんな感じでいくつかのアプリを試した範囲では、Googleアカウントに直接依存しないものであれば概ね大丈夫そうな感じです。
もっとも、よく使うのはGoogleアカウントに依存したものばかりなんですけどね。

何が使えて何が使えないのか、ぼちぼちとまとめていきたいと思っています。

追記:Google謹製サービスについて調べてみました。

タグ: , ,

back to top