スクエニのゲームストリーミングサービス「DIVE IN」が12月3日にサービス開始

bg

スクエア・エニックスがストリーミングサービス「DIVE IN」を12月3日から開始すると発表しました。

「DIVE IN」はスクエア・エニックスのゲームタイトルをスマートとフォンやタブレットでプレイできるというサービス。専用ビューワ「DIVE INビューワ」を使用し、ゲーム処理はクラウド側で実行し結果のみを配信するという方式なのだと思います。

DIVE_INビューワー_-_Google_Play_の_Android_アプリ
少し前に環境テストが実施されたようですが、その際のコメントを見る限り、通信環境にかなり依存しそうですが、端末自体は数世代前のものでもサクサクと動いていたようです。

12月3日時点の配信タイトルは

  • 『FINAL FANTASY VII International』
  • 『FINAL FANTASY XIII』
  • 『Season OF Mystery:The Cherry Blossom Murders』

の3つ。12月11日(木)には

  • 『FINAL FANTASY VIII』
  • 『THE LAST REMNANT』
  • 『FINAL FANTASY XIII-2』

が追加されるということです。

DIVE_IN___SQUARE_ENIX

各タイトルは利用権を購入する形になりますが、それぞれ、最初の30分間は無料でプレイできるということです。

また、今後、ゲーム以外の動画などのコンテンツも追加していく予定だとか。

それなりに期待しているのだけど、スクエニのコンテンツだけだどちょっと厳しいかな。FFばかりだと飽きられるのも早そうな気がします。

(via CNet)
(source DIVE IN)

タグ: , , ,

back to top