フレンチプレス式のコーヒーメーカーを買ってみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、インスタントコーヒーの詰め替えパックと間違えて袋入りのレギュラーコーヒーを買ってしまったので、それを活かすべく、コーヒーメーカーを購入してみました。

購入したのは普通のフィルタータイプのコーヒーメーカーではなく、フレンチプレスというプレス式のコーヒーメーカー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

構造的にはこんな感じで単純なものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビーカーの中に挽いたコーヒーを入れ、そのままお湯を注いだらふたをして、4分間ほど蒸らします(この時点ではフィルターが押し下げません)。

この時間の調整で出来上がりの味が変わるようです。長めにすると雑味が増え、短めにすると薄くなるとのこと。

最後にフィルターを押し下げ、カップに注げば出来上がりです。

もっとざらざら感があるのかと思っていたのですが、そんなことはなく、飲んだ感じは普通でした。味はペーパーフィルター式のものと比べると若干苦みというかコクが強い感じがしますが、これは入れ方による誤差の範囲かも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入れた後の手入れはそのまま洗えばOK。ビーカーは常温時は外枠にぴったりとはまって外れませんが、熱湯を注ぐと外枠が膨張して外れます。入れ終わったらすぐに外す癖をつけると後の手入れが楽そうです。

そんな感じでペーパー代が掛からない分だけ経済的な気がしますし、ペーパーフィルター式に飽きたとか、人とはちょっと違う淹れ方をしたいという人には良さそうなアイテムです。

タグ: ,

back to top