Samsung、60GHz帯の無線通信を商業利用できるようになるかもしれない技術を開発

samsung logo

Samsungが60GHz帯を使用する次世代WiFi技術の開発に成功したと発表しています。

従来のWiFi規格、802.11acの転送速度は866Mbps(毎秒108MB)でしたが、あたらしい60GHzの転送速度は5倍以上の4.6Gbps(毎秒575MB)となるそうです。たとえば1GBの動画なら3秒で転送できる計算になります。

ここまでを見るとSamsungが60GHz帯のWiFi通信という新しい技術を確立したかのようなイメージなのですが、実はそういう話ではありません。

WiGig_CERTIFIED_by_Wi-Fi_Alliance

60GHz帯を使ったWiFi通信はすでに802.11adとして2013年1月に承認、規格化されています。この60GHzのWiFiはおなじみのWiFi Allianceとは別の団体、Wireless Gigabit Allianceというところが認定や標準化を行っていたのですが、この団体は2013年にWiFi Allianceに吸収されました。

この802.11ad、規格上は最大7Gbpsで通信が可能なのですが、通信可能距離が10mと非常に短いのが難点です。電波は周波数が高くなるほど距離による減衰が大きくなり、また直進性が強く、障害物に遮られて届きにくくなるという性質があります。

今回のSamsungの発表は、この部分を解決するビームフォーミングアンテナを開発したというのがメインで、これにより60GHz通信の商業利用が実現できるかもという話です。

早ければ来年中に実用化したいということなのですが、一般に普及するのは当分先かなぁ。Galaxyシリーズに搭載されたりしたら一気に普及が進むのかもしれないけど。

(via PhoneArena)
(source Samsung)

タグ: , ,

back to top