Xperia Z2の背面に本物の木を貼ってみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

革も好きだけど木も好きです。そんなわけで、Xperia Z2の背面に木のシートを貼ってみました。よくある木目調シートではなく、本物の木です。

Xperia Z2にはもともとガラスシートを貼っていたのですが、割と早い時期に割れてしまいました。

Xperia Z2に貼っていたガラスフィルムが割れました – Dream Seed

背面だしあまり気にしていなかったのですが、なんとなく思い立って張替えです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使用したのはツキ板(突板)という木のシート。ツキ板屋GIFUで購入しました。背面に粘着テープが貼られた厚さ0.4mmのクイックタイプで、木材の種類はローズ・ウッドです。

ツキ板というのは木材を薄〜くスライスしたもの。よく職人さんがカンナで木を薄く削って薄いシートが出てくる映像がありますが、あれの大きい版と考えて間違いないです。

ちなみに購入したのは去年の9月。たぶん何かに貼るつもりで買ったのだろうけど、覚えてないなぁ……。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もともと貼っていたガラスシートを剥がし、それを型紙にしてツキ板を裁断。木なのでヤスリがけも可能ですが、裏面に粘着テープがあるのでそこは気をつける必要があります。

レーザーカッターが欲しいなぁ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出来上がったら貼り付け。カメラ周りの粘着剤がちょっとはみ出しちゃったけど、許容範囲かな?

このシート、通常の木材と同様に塗装したりも出来ます。その場合は貼り付ける前にしたほうがいいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木目調シートと違い、手触りは木そのもの(木なので当たり前ですが)。水分も吸収、発散してくれますが粘着テープが剥がれるかもしれないので水には付けないほうがいいでしょう。蜜蝋なりを塗りこんでおけば多少は違うかな?

手の油分なども吸収するのである程度エージングも期待できます。これが木目調シートではできない魅力です。

かなり自己満足な世界ですが、木目調のスキンシートを貼るぐらいなら本物の木を使ってみるのもありではないでしょうか。Xperiaは背面が平らなので張りやすいし。

それにしても、思っていたより満足度が高かったので、Xperia Z1 fにも貼ろうかな。

エクスパンシス

タグ: , , ,

back to top