TOYOTAが台湾でNexus 7(2013)の車載システムを発表 カーナビはもちろん、各種メンテナンス情報も表示可能

トヨタ知恵ラインシステム_-_交通サービスの新しい時代をリードする

トヨタがNexus 7をマウントして利用できる車載システム、「智慧行系統(インテリジェント・システム、かな?)」を発表しました。

hat7029_3_1186_4494dc6ade21a6a705e6a27cde81da06

このシステム、ASUSと共同で開発したようで、Nexus 7(2013)をそのままマウント可能。qiワイヤレス充電に対応し、装着状態で充電することができます。

また、NFCでのペアリングに対応し、Nexus 7以外でもスマートフォンとBluetoothで接続してスマートフォンの音楽などを車内のスピーカで再生できるようです。

hat7029_3_1186_3d49fb42a162176d02a7c982466156e2

Nexus 7はカーナビとしてはもちろんですが、車の故障診断や走行速度なども表示可能ということで、かなり高機能なようですね。

正直なところ、これNexus 7いらないんじゃね?という気がしなくもないのですが、Nexus 7のもつ4G回線を利用したいなどの思惑があるのでしょう。

同様のアプローチの製品としては、SonyのXSP-N1BTがすでに発売されています。

Sonyの車載クレードル、XSP-N1BTのハンズオン動画 – Dream Seed

今後はこういったスマートフォン、タブレットを搭載できるというものが増えていくのでしょうね。

今回のシステムは台湾で勝手に作られたわけではなく、トヨタの純正アクセサリーとして今年のQ4にリリースされるそうです。

私もTOYOTA車に乗っているし、日本でも出してくれないかなぁ。

(via jetstream)
(source TOYOTA台湾eprice)

タグ: , ,

back to top