Softbank、フレームレスデザインのAQUOS CRYSTALを発表 米Sprintからも発売

aquos clystal

Softbankが米Sprintと共同開発したというSharp製スマートフォン、AQUOS CRYSTALを発表しました。日本と米国でリリースされます。

AQUOS CRYSTALは見ての通りの狭額縁液晶パネルが特徴のスマートフォン。見た目はほぼ完全にフレームレスですが、実際にはフレームがあり、「エッジカットを施した前面パネルによる光学レンズ効果」によりフレームレスに見せています。

AQUOS_CRYSTAL___SoftBank_スマートフォン___製品情報___モバイル___ソフトバンク

要するにこんな感じ。

初め見た時は、こんなフレームレスで強度は大丈夫なんだろうかと思いましたが、これなら問題なさそうですね。

主なスペックは下記。

  • ディスプレイ:5.0インチ 1280 x 720
  • プロセッサ:Snapdragon 400 1.2Ghzクアッドコア
  • RAM:1.5GB
  • ストレージ:8GB + microSD(最大128GB)
  • カメラ:8MP/1.2MP
  • サイズ:131 x 67 x 10 mm
  • 重さ:約140g
  • バッテリ:2,040mAh

スペックとしてはミドルクラスですね。なお、国内で発売される国産端末としてはめずらしく、おサイフやワンセグ、赤外線などは非搭載となっています。米Sprintで発売するためにガラパゴス仕様は省いたんでしょう。

発売は8月29日。価格は税込一括54,480円とのことです。

これでディスプレイが4.3〜4.7あたりだと良かったのだけど、ミドルクラスとはいえ5インチで1280 x 720はちょっと中途半端かなぁ。でもSIMロックが解除できるならちょっと欲しいかも。

(source Softbank)

タグ: , , ,

back to top