2014.6.14

米Amazon、Kindle Fire HDXのメーデーサービスに寄せられた変わった質問などを公開

kindle-mayday

米AmazonがKindle Fire HDXで実施している「Kindle Fireメーデーサービス」についての面白いレポートを公開しました。

まずメーデーサービスですが、これはKindle Fire HDX発売時に加わった新機能で、HDXの画面上に表示される「Mayday」ボタンを押すと、サポートに繋がりライブで操作を助けてくれるというものです。Kindle Fire HDX専用のリモートヘルプサービスですね。

ちょっと凄いのが応答時間。このサービス自体は無料でしかも365日24時間対応なのですが、平均応答時間は9.75秒だということです。どんだけオペレーターがいるんだろうか?Kindle Fire HDXのサポート依頼のうち、75%がこのメーデーサービス経由だそうです。

メーデーサービスの変わった逸話の数々も公開されています。

  • Angry Birdsのクリア方法についての質問
  • ピーナツバターとジャムを使った美味しいサンドイッチの作り方
  • ボーイフレンドからKindle Fire HDXをもらった人のためにハッピーバースデーを歌う
  • 世界中を旅している人から連絡をうける オーストリア、ボリビア、エジプト、ケニア、セントルシア、ベネズエラ
  • 操作説明のための描画ツールを使って、虹やユニコーン、火を吐くドラゴンなどを描いて欲しいと頼まれる
  • 結婚の申し込み

などなどです。

これらの要望に答えたのかどうかもきになりますね。なんかヘルプサービスというよりコンシェルジュサービスという感じです。

大手企業は往々にしてサポートの対応が悪いということがありますが、Amazonは(日本を含めて)サポートが良心的だと感じます。メールの返事も割と早いし、メール以前にチャットサービスで直ぐに質問に答えてくれるし。

それにしてもこのサービス、他のメーカーもやればいいのにと思いますが、さすがに無理かなぁ。

(via TechCrunch)
(source Amazon)

タグ: , ,

back to top