2014.5.3

スポークもハブもない不思議な自転車、Sada Bike

sada bike

自転車というとタイヤの真ん中にハブがあり、そこからスポークがのびて(ディスクタイプもあるけど)……というイメージですが、そんなイメージを覆す自転車、「Sada Bike」がイタリアで発明されました。イタリア人のSadaさんが発明したからSada Bikeです。

広告

そんなSada Bike、見た通りタイヤが非常に奇妙な感じになっています。

pic3

実は折畳自転車なのですが、折りたたむ際にはタイヤを外します。タイヤを外す折りたたみ自転車というのはこれまでもありましたが、真ん中のハブがないので非常にコンパクトにすることができます。

Sada_Gianluca_-_Hubless_Foldable_Sada_Bike_-_Eurobike_-_YouTube

専用ケースに入れれば背負って運んだり、キャリーのように引っ張っていくことも可能なようです。

サスペンションとかなくて路面の振動がダイレクトに伝わってきそうですが、構造的に吸収してたりするのかな?

現在はプロトタイプが完成したところで、量産に向けて投資家を探しているところだそうです。

(via えん乗り)
(source Sada Bike)

タグ:

back to top