2014.4.30

Google、NexusやGoogle Play editionに代わる「Android Silver」を計画中?

Nexus

Nexusが2015年に終了し、次の端末が最後のNexusになるということが以前から言われていますが、それを裏付けるように「Android Sliver」というNexusの代替ともとれる計画の情報が出てきました。

Nexusシリーズは2015年で終了 Google Play editionが代替に? – Dream Seed

Android Silverという計画名は今月初めに出ていたのですが、その際は専門の販売員による顧客サポートの改善、ようするに現在のGalaxy Shopのようなものを展開するのではないかという話でした。

しかし、実際にはNexusの代替、そしてGoogle Play editionを飲み込むような計画のもののようです。

Android Sliverでは、Googleアプリ以外にプリインストールしておけるアプリ数に制限があり、またそれらのものはユーザによってアンインストール可能になっていなければいけないということです。この辺りはメーカのプリインストールアプリが原則認められていないGoogle Play editionから少しだけ緩和されたとも受け取れますね。

ただ、現在はメーカー主導により指紋認証や視線トラッキング、音声コントロールなど多くの追加機能が開発されている現状がありますが、Android Silverではそういった言わばメーカー独自のカスタマイズが出来なくなります。その点については、Googleが追加機能開発、ハードウェア開発を支援していくということです。

このAndroid Silverに参加が予定されているのは、いまのところMotorolaとLGだけで、SamsungやHTC、Sonyなど独自アプリでカスタマイズを行っているメーカーは参加の可能性が低いだろうとのこと。

GoogleはSamsungがAndroid市場において支配的なポジションにあるのを懸念し、Google自らの手にAndroidの制御を取り戻したいと考えており、Android Silverはその一環だという見方もあるようですね。

また、GoogleはAndroid Silverを有効なiPhone対抗策と考えているそうで、iPhoneのシェアが大きい米国、ドイツ、日本で2015年中に販売を開始する計画のようです。この手のもので日本が含まれるのは珍しいですね。

ただ、こんな制限された端末をdocomoが出すとは思えないので、出るとすればemobileあらためY!Mobile辺りでしょうかね?

(via Pocket Now)
(source the information)

タグ: ,

back to top