ビックカメラグループが69800円の低価格3Dプリンタ「da Vinci 1.0」の取り扱いを開始

3D Printer

ビックカメラが低価格3Dプリンタ「da Vinci 1.0」の取り扱いを始めました。69,800円とかなりの低価格。

低価格な3Dプリンタではフィラメントの材質としてPLA樹脂が使われることが多いですが、da VinciのフィラメントはABS樹脂です。

フィラメントの価格は1個3280円。赤、青、黄、緑、白、黒の6色が用意されています。

低価格ということで性能が気になるところですが、積層ピッチは0.1mm〜0.4mmとそれなり。積層物の最大サイズは20cm x 20cm x 20cmとそこそこ大きなものを作れます。

やっと手の届く価格の3Dプリンタが出てきたという感じですね。……年末辺りには5万円を切ったりしないかなぁ。

(via マイナビニュース)
(source ビックカメラ)

タグ: ,

back to top