2014.1.31

Olympus OM-D E-M5のファームウェアV2.0が公開 ISO Low(100相当)やスモールAFターゲットに対応

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Olympusのミラーレス一眼、OM-D E-M5の最新ファーム 2.0がリリースされています。

広告

変更点は、

  • AFターゲット設定に、スモールAFターゲットを追加しました。
  • 低感度側にISO LOW (100相当) を拡張しました。

の2点。

いままでなかったISO LOW(ISO100相当)に対応したのが地味にうれしいです。後発のPENは対応していたので……。

スモールAFターゲットというのは、名前の通りでAFの範囲を小さくしてピンポイントでフォーカスを合わせられるというもの。マクロ撮影などで活躍しそうです。

しかし、OlympusのデジカメのUSBは専用ケーブルなので厄介ですね。年に1回使うか使わないかというケーブルなのでいつもどこにしまったかのかわからなくなります。

E-M5に適合するのは 「CB-USB6」というもの。USB7やUSB8というのもありますが形状が違うので注意が必要です。

(source Olympus)

タグ: , ,

back to top