Sony、テニスラケットに装着するセンサーデバイス「スマートテニスセンサー『SSE-TN1』」を5月下旬に発売

img01

SonyがCES 2014でコンセプトモデルとして披露していたテニスラケットに付けてつかうデバイス、スマートテニスセンサー『SSE-TN1』を5月下旬に発売すると発表しました。価格は18,000円。

スマートテニスセンサーは対応するテニスラケットのグリップエンドに装着して使うBluetoothデバイスで、スマートフォンなどと接続して、ラケットの何処に当たったのか、ボールの速さ、回転などを可視化します。

Sony_Japan___ニュースリリース___テニスショットを即時分析、見て・楽しみ・上達にもつなげられる Smart_Tennis_Sensor

専用アプリによりショットの内容を表示したり、スイング種別毎にデータを表示することも可能。

img03

プレイ中、専用アプリで撮影してもらうとセンサーで取得したデータと映像を同期させることも可能です。

これはかなり画期的なデバイスですね。趣味でテニスをやっている人はもちろんですが、学校の部活動などでも活躍しそうです。

すべてのラケットに対応するわけではありませんが、対応ラケットは今後増やしていくということです。フェイス面積などによってキャリブレーションが必要なんでしょうね。

テニスだけでなくバドミントンや野球などにも応用が効くと思うので、今後の展開に期待したいです。

(via マイナビニュース)
(source Sony)

タグ: , ,

back to top