「noindex」のインパクトはかなり大きいので取り扱い注意

noindex

先日、誤ってサイトにnoindexタグを設定してしまったと書きましたが、その影響はなかなかに強烈です。たぶんBlogを主な収入源にしている人にとっては死活問題になるレベル。まぁ、そういう人はこんなミスはしないのだろうけど。

ちなみにnoindexというのは下記のようなやつです。

<meta name="robots" content="noindex">

そんなわけで、自省の意味も込めてどんな影響が出ているのかを書いておきたいと思います。

まず上図は検索流入の推移。noindexを付けてしまったのは15日ですが、影響が出始めるのは19日です。これはGoogleのクロールのタイミング次第ですね。22日に気づいてnoindexを削除しましたが、その後も減少を続けています。回復するのはやっぱりGoogleのクロールのタイミング次第でしょう。

数値的には18日までは概ね2500程度の訪問数がありましたが、23日時点で419まで減っています。

noindex

ページビューも検索流入とほぼ同じ感じで減少していますが、なぜか22日からは普段通りの数値に戻っています。これはXperia Z Ultra関連の記事が読まれているためのようです。noindexの影響がなければ、10,000PV/日を超えていたかもしれません。

数値的には21日が3,747PV、23日が7,207PVでした。

noindex

ウェブマスターツールを見てみると、17日時点で表示回数は18000回でしたが、21日には4500回まで落ち込んでいます。検索流入の減少では18日までは通常通りでしたが、こちらを見ると17日には影響が出始めていますね。

noindex

Googleのindex件数では5,500件あったものが1,962件になりました。

昨日までは「Android ISO」で検索しても結果に表示されませんでしたが、現在はトップ付近に表示されています。検索への影響は徐々に回復しつつあるようですが、完全に復活するにはまだまだ時間がかかりそうですね。

また状況が変わったら記録として書き残しておきたいと思います。

タグ: ,

back to top