場所によってロックスクリーンの内容を変更できる「Cover」、Google Playで公開

Cover

10月末に招待制のベータテストを開始していたCoverがGoogle Playに登録されました。まだベータ扱いですが普通に使えます。

場所や時間などのコンテキストによりロック画面の表示内容を変更する「Cover」がベータテストを開始 | Dream Seed

Coverは端末を使う場所によってロックスクリーン上のショートカットを変更できるというアプリ(以前、時間でも変わると書きましたが、場所だけのようです)。

コンテキストとしては、Home、Work、Car、Outの4つを設定でき、HomeとWorkには住所を登録しておくことでGPSで場所を判断してくれます。Carは手動で切り替えるほか、車内のBluetoothで認識したり、移動速度で認識することも可能。Outはそれ以外の場合です。それぞれのコンテキストごとに壁紙やWiFiのAP、着信音などを設定することができます。

表示されるアプリは自動学習で変わっていくようです。

なかなか便利そうではありますが、しばらく使ってみないとなんとも言えませんね。

なお、現在は米国、カナダ、欧州からしかダウンロードが出来ませんが、APK Downloderなどを使えばインストールは可能です。

というわけで、Nexus 5にインストールしてみたのでしばらく使ってみようと思います。

(via Android Community)
(source Google Play, Cover)

タグ: , ,

back to top