2013.12.5

モノのインターネット(Internet of Things)を可能にする、Bluetooth 4.1が正式発表 

Bluetooth-4.1-Core-Specification-Banner

Bluetooth SIGがBluetoothの新規格、Bluetooth 4.1を正式に発表しました。

Bluetooth 4.1では操作性(接続性)の向上が図られており、LTEと近い周波数で接続する場合には相互干渉を押さえるように自動的に調整されるとのことです。また、一度ペアリングすれば距離が離れて接続が切れても、近づけば自動的に再接続が行われるようになります(これ、いまでも出来るよね?)。

また、例えば心拍計などを持ってランニングに行き、家に帰ってきたら自動的に心拍計からデータ転送が行われるといったことも可能になるようです。

そして、これが一番大きな変化だと思いますが、Bluetooth 4.1ではIPv6ベースの通信に対応します。従来はBluetooth機器がインターネットに接続するためにBluetooth機器からスマートフォンなどの対応機器にデータを転送し、そこからインターネットへさらに接続する必要がありましたが、Bluetooth 4.1ではBluetooth機器がルータを介して直接インターネットにアクセスすることが可能となります。

WiFiと比べてBluetoothは低消費電力のため、用途はさまざまありそうですね。

もちろんルータ側の対応が必要ですが、メーカーと協業して対応機器を増やしていく方針のようです。また、Bluetooth 4.0対応機器はソフトのアップデートにより4.1に対応できるとしています。

このあたりは、先月行われた記者会見の記事に詳しいです。

あらゆる物をネットに接続するBluetooth 4.1規格が12月にリリースへ – PC Watch

(source Bluetooth SIG)

タグ:

back to top