Android 4.4はカメラのRAW撮影に対応予定だった?

Nexus 5

Nexus 5のカメラはAndroid端末としてはかなり頑張っているほうですが、まだまだ最高といえるほどのものではありません。

Nexus 5については、今年の2月にGoogleの中の人が、「We are committed to making Nexus phones insanely great cameras. (Nexusスマートフォンにめちゃめちゃすごいカメラを搭載する)」とGoogle+にコメントしていたこともあり、かなり期待されていたのですが、蓋を開けてみれば「それなり」という感じです。

しかし、Nexus 5のカメラはまだその真価を発揮していない可能性があります。

Nexus 5とともに登場したAndroid 4.4 Kitkatのソースコードが公開されましたが、その中に以下のコメントが見つかっています。

DO NOT MERGE: Hide new camera API.
Not yet ready.
Bug: 11141002

このコメントの日付は10月11日。つまりリリースの1か月前まで作業していたものの、バグが取れずカメラの新APIを使うのをやめて、従来のAPIに戻したということですね。

この新API(Android.hardware.photography、既存のものはandroid.hardware.camera)の中にはRAWサポートも含まれていたようです。

スマートフォンでRAWをサポートしているものはほとんどなく、先月発表されたLumia 1520がサポートを表明していた程度だと思います(Xiaomi Mi3もRAWをサポートするということだったけどどうなったのかな?)。もし実現できていれば話題になったでしょうね。

また、以下のようなコメントも見つかっています。

The camera device is removable and has been disconnected from the Android device, or the camera service has shut down the connection due to a higher-priority access request for the camera device.

内容を読む限り、スマートフォン本体から分離して使えるカメラもサポートしているようです。SonyのレンズスタイルカメラQX10/100をネイティブに取り込んだようなものでしょうか。将来こんなデバイスが出てくるのかもしれません。

新APIについてはそのうちアップデートで有効になる、あるいはそれよりも先にどこかのカスタムROMが取り込んで実現させるかもしれません。

なんにしろ、Nexusのカメラ機能が強化されるアップデートなら歓迎したいですね。

(via engadget)
(source ars technica)

タグ: , , , ,

back to top