2013.11.14

motorola、Moto Xの廉価版となるMoto Gを正式発表 価格は$179(約18,000円)〜

Moto G Announcement

motorolaが予てから噂になっていたMoto Xの廉価版、Moto Gを発表しました。

広告
Moto G Frontback black

基本的なデザインはMoto Xを踏襲していますが、バックカバーが着脱式になっているなど細部で違いがあります。そんなMoto Gの主なスペックは下記。

  • OS:Android 4.3
  • ディスプレイ:4.5インチ(1280×720, 329ppi)
  • プロセッサ:Snapdragon 400 1.2GHzクアッドコア
  • RAM:1GB
  • ストレージ:8/16GB
  • カメラ:5MP/1.3MP
  • バッテリ:2070mAh
  • サイズ:129.9 x 65.9 x 11.6mm
  • 重さ:143g
  • 価格:8GB $179/16GB $199

ネットワークはGSMモデルがGSM/GPRS/EDGE/UMTS/HSPA+ up to 21 Mbps、CDMAモデルがCDMA/EVDO Rev Aとなっており、どちらもLTEには非対応です。

スペック的にはミドルクラスですが、エントリークラスと言ってもいい価格付けですね。「An Exceptional Phone At An Exceptional Price(優れた端末を優れた価格で)」というのがMoto Gの信条のようなので、まさにそれを実現した感じです。

ただ残念ながら、Moto Xが備えていた本体を振るとカメラが起動、常時音声認識待受けなどの機能は継承していません。その代わり、メーカーカスタマイズがほとんど入っていない素のAndroidに近いものになっているようです。

そしてMoto Xで提供されていたMotoMakerによるカスタマイズも出来ません。その代わりバックカバーが着脱式になっており19種類のオプションが提供されます。

Moto G rainbow

まず通常のバックカバー。色は7種類。

Moto_G_Blue_Front_Shell_Package

次にフリックカバー。これも色は7種類です。

Moto G Grip Shells

そしてグリップ性の向上とたぶん耐衝撃性もアップしているグリップシェル。これだけ色は5種類です。

Moto Gは今週中にブラジルと欧州の一部の国で発売され、数週間以内にラテンアメリカ、欧州、カナダ、アジアの一部でも発売されます。米国、インド、中東、アジア地域では来年1月になるようです。

高性能な端末ではないですが、おそらく大部分の人にとっては必要十分なスペックの端末ですね。安いしこれは1台欲しいなぁ。

(source Motorola(1), (2) )

タグ: , , ,

back to top