日産の考えたGlass型ウェアラブルデバイス「3E」 東京モーターショウで公開

3E

日産がGoogle Glassっぽいヘッドアップディスプレイ「3E」というデバイスのティザーを公開しました。

Youtubeの説明によると、

NISSAN 3E – 開発中のグラス型ウェアラブルデバイス。
デバイスを通してリアルタイムにインターネットにつながり、
情報の取得、送信等あらゆるコミュニケーションが可能になります。

ということなので、車の状態取得やナビ的なものだけでなく、本当にGoogle Glassっぽい使い方もできるのかもしれませんね。

日産といえば、9月にNISMO WatchというNISMOドライバーのためのスマートウォッチコンセプトも発表しています。

あれもこれもと考えてしまうスマートフォンメーカーよりも、実際に使う場面を想定しやすい車メーカーなどのほうが、こういったコンセプトを纏めるのは上手いのかもしれませんね。

「3E」は単なるコンセプトというだけでなく、11月末の東京モーターショウで実際に体験できるようです。市販されるのかはわかりませんが、ちょっと興味あるなぁ。

(via CNET)
(source Youtube, 日産)

タグ: , , , ,

back to top