2013.11.7

PebbleがiOSに通知センターに対応 加速度計などのAPIを追加したSDK2.0も発表

Pebble_iOS_Notifications

E-Inkディスプレイを採用し、最近のスマートウォッチブームの先駆けともなったPebbleがiOS7に対応したSDK2.0を発表しました。

広告

Pebble iOS Notifications from Pebble Technology on Vimeo.

SDK2.0ではiOSの通知センターに対応した他、新しいAPIも追加されています。

  • Javascriptの実行
  • 加速度計
  • データロギング
  • 記録の保持

これにより、リアルタイムで天気を取得したり、フィットネス系のアプリを作ったり、スマートフォンとの接続が切れたときにその記録を保持したり、ハイスコアなどをスマートフォン上に記憶したりといったことが可能になります。

また、このSDK2.0を使ったパートナーも発表されています。

b585a10ede284437972d568db0b4e117_large f18bfc835dce0a15a1ff7003d4259557_large

foursquareのチェックインやGoProのリモートコントロールが可能になるみたいですね。これらのアプリは年内に提供される予定です。

ますます充実して来た感のあるPebbleは、$150で販売中。日本への発送も可能です。

最近はSmartWatch2ばっかり使ってるけど、久しぶりにPebbleにしてみようかな。その前にPebbleを探しださないと……。

(source Pebble Blog)

タグ: , ,

Lightningで充電できるモバイルバッテリ ROMOSS ACE 10000mAh、22日未明にタイムセールで1,650円

ウサギデザインのモバイルバッテリなども手掛けるROMOSSが、10000mAhのモバイルバッテリ「ROMOSS ACE 10000mAh」を明日の未明22日 AM2:10~10:10までタイムセールを行います。 関連: ...

News >モバイル

中国Meizu、One Pieceとコラボした「Meizu Note6 航海王限定版」を発表

One Pieceは海賊王ではなく航海王なのですね。

back to top