2013.10.31

Android 4.4 Kitkatはローエンド端末でも動作可能 Androidの断片化に終止符を打てるか?

Kitkat

明日にも正式発表されると予想されているAndroid 4.4 Kitkat。最近の端末だけなく、Jelly Beanにもアップデートできなかったメモリ512MBなどの低スペック端末でもKitkatにアップデートが可能になるようです。

JESSICA LESSINが入手したという機密文書によると、Android 4.4 Kitkatはローエンドなエントリー機も動作するようにメモリ使用を最適化されているとのこと。また、このようなエントリー機でのメモリ使用を最適化するための支援ツールも提供されるようです。

そして、スマートフォンだけではなく、ウェアラブルデバイス(Google GlassとかNexus Watchとか)との連携にも力を入れています。具体的には「地磁気回転ベクトル」、「ステップ検出センサー」、「ステップカウンター」の3つのセンサをあらたにサポートするとのことです。いままでも使えていた気がするのですが、加速度センサーなどで代用していたということなんでしょうか?

その他、NFCやBluetoothの機能強化、赤外線によるTVなどのリモコン操作のサポートなども追加されている様子。

Xperia miniとかでも快適に動くのなら、またしばらく使ってもいいなぁ。

(via Android Community)
(source JESSICA LESSIN)

タグ: ,

back to top