Android端末のセンサ(加速度センサ、磁気センサ)の精度を確認してみた

センサ

昨日、iPhone 5sの各種センサ精度がイマイチらしいという情報がありましたが、Androidはどうなんだろうということでそこらに転がっていた端末で試してみました。

使用したのは、iPhone 4、Xperia Z1、Galaxy S4 Active、Nexus 4、HTC Oneの5機種です。

水平

まず水平(加速度センサ)。これはどれも同じような結果です。数字が小数点単位で異なりますが誤差の範囲と言っていいでしょう(ちなみに、各端末それぞれ水準器を使ってキャリブレーションは実施済みです)。iPhone 5sではキャリブレーションを実施しても狂うということでしたが、今回試したAndroid端末ではそういうことはありませんでした。

コンパス

次にコンパス(磁気センサ)ですが、これも割りと似たり寄ったり。何回かキャリブレーション(8の字に動かすやつ)を行い比べてみましたが、概ね3°以下の範囲でばらつきます。ただ、HTC Oneだけは他の機種に較べて精度が悪いというか1台だけ異なる値を出すことがしばしばありました。なお、上記写真でXperia Z1が若干精度が悪いように見えますが、並べ方が悪いだけで、実際には他機種と同程度の精度です。

コンパス

そして、Xperia Z1の横が開いているのは、こいつの横に並べるとコンパスが狂うから。マグネットコネクタを採用しているのが原因ではないかと思うのですが、Xperia Z1の横に持ってくるとがっつりと狂います。自分自身は影響を受けないんでしょうかね?

そんなわけで、結論としてはAndroid端末は水準器としては割りと使えそうだけど、コンパスとしては参考程度に考えたほうがいいって感じでしょうか。まぁ、Androidだけもって山に登ったりする人はいないとは思うけど。

なお、利用したソフトは、コンパスBubble levelです。こっちのアプリのほうがいい、こういう測り方をしないとダメだというのがあれば教えて下さい。

タグ: ,

back to top