下り最高110MbpsのWiMAX 2+正式発表 価格は据え置きで10月31日提供開始

wimax2_1

UQコミュニケーションズが10月からの開始を予告していた「WiMAX 2+」を正式に発表しました。

WiMAX 2+は通信速度が下り110Mbpsになる高速通信。10月31日からサービス開始でまずは東京の環七の内側から提供開始されるます。順次対応を進めていき、「2013年度末には東名阪、2014年度末には全国へ拡大する予定です」とのこと。

これに対応する専用ルータHWD14も合わせて発表されています。Huawei製の端末でタッチパネルを装備。qiによる充電にも対応します。特に触れられてはいませんが、これ自体Androidで動作しているようです。

wimax2_2

WiMAX 2+用に料金プランも新設され、全部で3つのパターンから選択可能になっています。「ノーリミットモード」は従来のWiMAXを利用するパターンで通信量の制限はありません。「ハイスピードモード」はWiMAX 2+も利用可能なパターン。2年間は通信量の制限はありませんが、2年後から上限7GBの制限になります。価格は「ノーリミットモード」と同額の3,880円(2年契約でUQ Flatツープラスお特割適用)。そしてauのLTEも利用可能な「ハイスピードプラスエリアモード」。WiMAX 2+のエリアのほかにauのLTEが利用でき、au LTE利用月のみ追加で1,055円がかかります。通信上限は7GB。

なお、WiMAX 2+を記念して、Nexus 7などが当たるキャンペーンも実施されています。

HWD14のqi対応は羨しいし、WiMAX 2+自体は気になるものの、当面はエリアも狭いままになるだろうからしばらくは様子見かなぁ。うち、ギリギリ環七の外なんだよな……。

(via PC Watch)
(source UQコミュニケーションズ特設サイト)

タグ: , ,

back to top