Nexus 7(2013) LTEがやってきた WiFi版との違いはほぼありません

Nexus 7 LTE

若干今更感はありますが、金曜日にNexus 7(2013) LTEが届きました。といっても私のではなく奥さん用ですが。

基本的に3G/LTE対応になっただけでWiFi版と差異は殆ど無いのですが、簡単にレビューします。

Nexus 7 LTE

外観上の違いはSIMスロットの有無だけです。SIMスロットはトレイ式でサイズはマイクロSIMです。そしてこれを取り出すピンが長い!iPhoneやNexus 4、HTC Oneなどのピンではまったく届きません。この辺り、そろそろ統一してくれないかなぁ。これを考えるとNokia N9やLumia 800で採用されていたSIMトレイはピンが必要なかったのでよかったです。

nexus7LTE 2

開封後、直ぐにアップデートが来て、ビルド番号は「JLS36C」となりました。カーネルバージョンはJSS15QなWiFi版と同じです。ベースバンドの項目が増えてますね。

目に見える違いはこれぐらいで、あとはWiFi版と同じです。WiFiルータを使わずに通信出来るというのはやっぱりメリットだと思うで、普段からルータを使っているという人以外はLTE版を購入したほうがいいのかも。

なお、LTE版とWiFi版を比べるとWiFi版のほうが画面が黄色っぽいという話もあるようですが、少なくともうちのは両方同じに見えるので、個体差かロットによる違いがあるのかもしれません。

タグ: , , ,

back to top