ワコムからAndroid搭載で単体利用も可能な液晶タブレットCintiq Companion Hybrid発表 Windows 8モデルもあります

DTHA1300_ElevAngle_Right_White_RGB

ワコムから単独でAndroidタブレット(Windows 8タブレット)としても利用可能なペンタブレットCintiq Companion、Cintiq Companion Hybridが発表されました。

Cintiq CompanionはWindows 8 / 8 Pro搭載のタブレット。単体でのみ利用可能です。Cintiq Companion HybridはAndroid 4.2搭載。単体でAndroidタブレットとして利用できるほか、PCと繋いで液晶ペンタブレットとしても利用可能です。

どちらも4月に発売された「Cintiq 13HD」をベースにしているとのことです。

仕様 Cintiq Companion Hybrid Cintiq Companion
OS Android 4.2 Windows 8/8 Pro
CPU NVIDIA® Tegra® 4 クワッドコア(1.9GHz) Core i7-3517U プロセッサー /1.9GHz
GPU NVIDIA® GPU 72 グラフィックスコア HD Graphics 4000
メモリ 2GB 8GB
ストレージ SSD16/32GB SSD256/512GB
microSD あり あり
ディスプレイ 13.3インチ 13.3インチ
解像度 1920×1080 1920 x 1080
サイズ 375 x 248 x 16mm 375 x 248 x 17mm
重さ 1.7/1.8 kg 1.8Kg
通信 Bluetooth 4.0 / Wireless 802.11 b/g/n Bluetooth 4.0 / Wireless 802.11 b/g/n

価格はCintiq Companionが198,000円(256GB Windows 8)と248,000円(512GB Windows 8 Pro)、Cintiq Companion Hybridが15,8000円(16GB)と16,8000円(32GB)。

9月下旬からワコムストアで販売されます。

Cintiq Companion Hybridは気になるけど、ちょっと高いなぁ。持ち歩くには重いし。本命はCintiq Companionのほうかな。

(via engadget)
(source ワコム)

タグ: , ,

back to top